ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
IMGP3478-1_R.jpg

早速先週のリベンジであります (゜◇゜)ゞ

ブログパーツ 先週末は大山に登るも残念ながら紅葉は見られず、でした。
今週末は出張で宮崎の方におりましたので、それならばと九州で紅葉を見に行きました。

今回のターゲットは宮崎県「えびの高原」と、鹿児島県「霧島」です。
霧島はまだ紅葉始まりぐらいですが、えびの高原はちょうど見ごろ位なはず!



霧島はえびの高原のちょっと南で、車で一時間くらいで行ける距離ですね。
何を隠そう(?)既にえびの高原は人生三度目でもう大分飽き気味でしたが慣れていて、地元の人並に良くわかっているんじゃないかと自負しています(;´▽`)y-~~ 笑
ということで今回はちょっと温泉で疲れを癒すことも目的に入れて、一泊二日のプチ旅行計画にしました。

しかし今回、予報は生憎の曇り時々雨。
実際ついてみると・・・うーん曇り空。紅葉はしているけど、写真撮るの難しそうだなぁ。

IMGP3508-1_R.jpg

足元撮ってみたりして。

IMGP3305-1_R.jpg

えびの高原には不動池、六観音御池、白紫池を周るハイキングコースがあるので、とりあえずその道へ。しかし・・・。

IMGP3449-1_R.jpg

お?

IMGP3464-1_R.jpg

おお?

IMGP3433-1_R.jpg

霧だ!というか雲??
うっそうとした木々の中で霧に紛れるのは初めてだったので、ちょっと興奮(笑)
これはこれで味があっていいですね(´∀`)

IMGP3409-1_R.jpg

池もすっかり霧に覆われました。
何故か人が池の中で何かやっていたけど・・・大丈夫かしらん。

IMGP3444-1_R.jpg

ゆっくり写真撮りながら回っていたら3時間くらいかかってしまったので、初日はここまでにして早くも宿へ。今回は「霧島湯之元山荘」という所にお邪魔しました。

なんとここ、知る人ぞ知る秘湯/名湯だそうで、本や新聞に何度も取り上げられているようです。温泉は硫黄泉(写真奥)と微炭酸泉(写真手前)が二つ出ていて、さらにその混合湯(写真真ん中)もあり非常に豪華。ただし源泉かけ流しで、加水等せずに運用するため、湯船は小さめにしてあるんだとか。ちなみに浴槽はアカマツらしいです。

IMGP3529-1_R.jpg

硫黄泉はかなり熱めな一方、炭酸泉はぬるめ(炭酸泉はぬるいからこそ炭酸泉たりうるものなんだそうです。炭酸の溶解度の関係で。)。そのためその混合湯が温度的に丁度いい!

硫黄泉は湯の花が沢山浮いていて、しかも飲めます。泉質がいいんでしょうね。
・・・まぁ飲めるのですが、飲むと何とも表現しづらい味がして不味かったです。にがりみたいな?痛風に良いらしいので心配な方はどうぞ(笑)

24時間入り放題で露天風呂もあり。これで素泊まり6000円はまぁまぁかな(´・∀・`)

IMGP3548-1_R.jpg

翌日は霧島へ。
霧島と言えばまずは霧島神宮!
最近御朱印集めに嵌っているのですが、しっかりゲットしました。

IMG_7045.jpg

「天孫降臨の地」って書いてありますね(´・∀・`)
天孫降臨とはざっくり言えば「アマテラスオオミカミに命令されて、孫のニニギノミコトが神器とお供を引き連れて地上に降臨なさった」という神話の中の出来事ですな。勉強不足で良く知らないのですが、一説にその降臨した場所がこの霧島連山だという説があって天孫降臨の地、という事になっているそうです。

ところで日本の神話って名前が長すぎて難しいですよね。全然覚えられない。
北欧神話はスイスイ覚えられたのになぁ。あっ、あれは名作ヴァルキリープロファイルのおかげか(;´▽`)y-~~

ちなみに御朱印集め、非常にお勧めですよ。
名のある神社ならまず間違いなく頂けて、かつそれぞれ個性があるのでコレクション性抜群です。ゲーマーならきっと嵌ります(?)。

さて、滝と紅葉を見に関ノ尾の滝に来ました。
厳密には霧島ではなくて、ちょっと東に行った都城市ですね。

ここは晴れていると虹がかかって綺麗!今回も運よく天気が良くなってきました。
おかげで今回も綺麗な虹が(´∀`)

IMGP3607-1_R.jpg

しかも運よく紅葉しているモミジ発見!
霧の無い、まともな紅葉を撮れたのは今季ここが初めてです(笑)

IMGP3650-1_R.jpg

その後宮崎市にまっすぐ帰って今回の旅は終了。
一泊二日の割にはただの紅葉だけでなく、霧やら虹やらいろんな写真が撮れて良かったですね(´∀`)満足満足

使用カメラ:PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3レビュー

使用レンズ:・PENTAX 標準単焦点レンズ DA35mmF2.4AL
PENTAX 標準ズームレンズ 防滴構造 DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR Kマウント APS-Cサイズ
TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP AF70-200mm F2.8 Di A001P





ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly


同じカテゴリの関連記事

関連タグ : 紅葉, 九州, 宮崎, 鹿児島, 霧島, えびの高原, 温泉, カメラ, 写真, ペンタックス,

コメント
この記事へのコメント
良いカメラが欲しくなる記事ですな。
ちょっと良さげなやつ買ってみようかなぁ
2015/11/09(Mon) 20:06 | URL | ton | 【編集
Re:
tonさん
お、いいですねぇ〜。
旅行が楽しくなりますよ!
思いで保存にも役立ちますしね(・∀・)
2015/11/10(Tue) 06:33 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可