ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



16376622870_6e3ae829a0_k.jpg

世界でも類を見ない、++温泉の組み合わせ!

ブログパーツ 今年の1月中旬に、長野に行ってまいりました(´・∀・`)
実は一昨年にも長野の松本に行ってしまっていたのですが、最近外国人に「スノーモンキー」なるものが大人気と聞いて、いても経っても居られなく・・・可愛い雪猿を想像したら、撮りたい欲求がモリモリ出てきてしまいました(笑)

ということで今回の旅の目的はズバリ、スノーモンキー!

そのスノーモンキーが居る長野県地獄谷野猿公苑(じごくだにやえんこうえん)は、長野駅から電車とバスを使って1時間30分くらい。バスは本数が少ないので注意です。勿論車でも行けますが、近くの駐車場から30分ほど歩かされます。

ちなみに僕は近くの渋温泉で一泊し、翌日に「スノーモンキーホリデー観に(ミニ)バス」なるバスで行きました。


バスから降りると・・・いきなり、お尻を突き出してセクスィー?な格好をしているお猿さんと遭遇!

よくよく見ると、なかなか凛々しい顔立ちをしています。


木の上にもお猿が!

今回使った「スノーモンキーミニバス」に乗ると、比較的温泉近くの駐車場にまで連れて行ってくれます。それでも温泉までは歩いて15分位かかりました。

さて、温泉にたどり着くと・・・全く近づけません(笑)
写真を撮り忘れたのが悔やまれますが、温泉の周りをズラッ!とカメラマン達が取り囲んでいました(;’A ’)
それも1周のみならず2周3週と・・・。
皆さん熱心に写真を撮っていて、なかなかスペースが空きません。皆さんの余りの熱心さに、気後れした僕はタジタジ(;´▽`)y-~~

じっくり待って、なんとか入り込むことが出来ました。



リラックスタイム。


子ザルでもギリギリ足が着く深さです。


皆で一緒に。


時々子ザルが人に向かって飛んで来たりするので注意が必要です(笑)


雪が降るような寒い場所にいる猿というのは世界的にも非常に珍しく、それが温泉にまで入っちゃうもんだから世界的に有名な観光スポットとなったようです。前評判通り外国人は非常に多く、半分くらいは外人だったのではないかと感じたほど。

ちなみに温泉から上がった後の"湯冷め"が心配になりますが、猿はあまり汗をかかないため急激に体温を失うような事にはならないそうです。しかもここらの猿は寒冷地仕様で、毛細血管を収縮させて体温低下を防ぐ能力が発達しているそうです(´・∀・`)

霜焼けになりそうですが、素手で雪の中をあさっています。


か・・・かわいい・・・


大人猿は可愛いというより、カッコイイの領域ですね。


正直もっと写真を撮りたかったのですが、連れが「お腹すいた」とか「寒い」とかいうもので早々の退散を余儀なくされましたorz

残念ながら消化不良なので、リベンジしたいですねぇ。
今度は吹雪の中での撮影がいいかな(笑)

使用カメラ:PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3レビュー

使用レンズ:・PENTAX 標準単焦点レンズ DA35mmF2.4AL
PENTAX 標準ズームレンズ 防滴構造 DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR Kマウント APS-Cサイズ
TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP AF70-200mm F2.8 Di A001P





ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly


同じカテゴリの関連記事

関連タグ : スノーモンキー, 写真, カメラ, , , 動物, 長野, 観光,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。