占い


ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
   
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



   
IMGP7340-1

去年(2014年)の11月中旬に東南アジアのタイに行ってきました。台湾以来5年振りの海外ですが旅行記でも(・∀・)

ブログパーツ
タイは時期によって気候が異なり、雨季(5~10月)/乾期(11~2月)/暑期(2~5月)といった3つに分類されます。雨季なんかはスコールが振るそうで、あまり観光には向かないんだとか。写真としては面白いものが撮れそうですけどね(笑)

僕が行った11月は「乾期」だったのですが、雨も少なく厚さも和らいで比較的過ごしやすい季節になっているそうです。ただそれでも十分に暑く、10分も歩けば汗ダクダクになってしまいました(;´▽`)y-~~
たしかに4日滞在した中で雨は一度も降らず、街を見て回るにはちょうど良かったですね。



さて、タイと言えば皆さん何を思い浮かべるでしょうか。
トムヤンクン?パクチー?象?マッサージ?ムエタイ?
・・・ニューハーフ?(笑)

実は僕が最初に思い浮かんだのが去年の5月に起こった軍のクーデターです。いつもクーデターが起こっているように思えるタイですが、それもそのはず。なんと1932年から去年までで、計13回もクーデターが発生しているそうです。なんて国だ・・・・(;’A ’)

そういう訳で久々の海外という事もありちょっと治安が心配だったのですが、僕が行った時点ではそんなクーデターの影響は微塵も感じられず落ち着いていました。とりあえず一安心。

何事もないように、兵隊さんは皆にバシャバシャ捕られています(@王宮前)。

この王宮というのが首都バンコクの最大の観光スポットで、金がそこらじゅうに使われた王様の居住区となります。・・・ここ最近は、実際には王様はいないそうですけど。

タイの王様は国民から非常に敬愛されており、町中で国王を侮辱したりすると大変なことになるそうです。日本のタイ料理屋さんですらも、よく国王様の肖像画が飾ってありますよね。



王宮の周りにも色々な寺院があります。

タイ国民の皆さんは敬虔な仏教徒が多いらしく(男性は若いうちに大抵一度は出家させられるらしい)、寺院は非常に大切にされているんだとか。朝町中では、人々が修行僧に食べ物や衣類?をお布施として差し出している姿を良く見かけました。タンブン(功徳)を積めば来世で幸せになれるんだそうです。

有名な寺院の一つ、ワットアルン。


最上段まで上る階段は非常に勾配がきつく、手すりを伝いながら這うように上る必要があります。降りるときは立ちすくんでしまうほど怖いです。高所恐怖症の方には全くおすすめできません!行きは良い良い帰りは恐いという奴ですな・・・(´・ω・`)


ちなみに王宮とワットアルンの間には地理テストに良く出てきたチャオプラヤー川が流れています。思ったより茶色くて汚いっすわー。渡し船は日本円で10-20円位じゃなかったかな?安い。


ワットプラケーオ。真っ金金。


タイ語は全く読めませんでした。が、実はアルファベットみたいなもので覚えるのは案外難しくないそうです。


さらにワットポー。
身長50mの超巨大お釈迦様が見どころです。

足のデカサも半端じゃありません。しかも宇宙的な文様が書いてあります。
それにしても、個人的には涅槃仏ってあんまりありがたさを感じないんですが。お釈迦様がお亡くなりになる間際の姿を示しているんだそうですね。


タイで寺院といえば、バンコクの他にアユタヤも有名です。
その昔世界史でも出てくるアユタヤ王朝というのが栄えていました。当時外国人が重用されており、日本人も山田長政という人物が軍事力・政治力ともに大きな力を持っていたのは国内でも有名です。

しかしそんなアユタヤ王朝も、ある時隣国ビルマ(ミャンマー)との戦争時に劣性に追い込まれました。隣国同士元々仲が悪く(どこも同じですね)、歴史からくる恨みもあったそうでビルマ軍は都市アユタヤを完膚なきまでに破壊し焼きつくしてしまったそうです。その戦争によりアユタヤ王朝は滅亡します。

歴史上非常に価値のある仏像・寺院も多数破壊されましたが、今は廃墟が植物に浸食されていたりと独特な雰囲気を醸し出しています。世界遺産にも選ばれていますね。

「天空の城ラピュタ」みたい。




首が斬り落とされた後、木々によって持ち上げられた奇跡の仏像。

皆で仏像に金箔をペタペタ張っていました。
寺院にも金が惜しげもなく使われていますし、タイでは特別縁起がいい物なんでしょう。

アルコールランプのようなものに火をくべていました。いい雰囲気。

タイで鮮やかな花を見たのはアユタヤの寺院だけだったように思います。なんででしょ。

象にも乗れました。これは非常にお勧め!
アユタヤの街の中を15分位お散歩するコースで、別の象使いの方が記念撮影もしてくれます。象の鼻にチップを持たせろとしつこく行ってきますが。

実は象から降りるとき、この写真を撮っているPentax K-3ちゃんを象の上から(地表3m位?)落としてしまいました。が、ここは流石堅牢性重視のK-3ちゃん、無傷で生還してくれました。皆さん、こんな使い方をしても問題ないK-3ちゃんお勧めですよ!・・・下が砂地で良かった(;’A ’)笑


ちなみにアユタヤはアクセスが悪く、ツアーやタクシーで行くのが楽の様です。
僕はバンコクの王宮と合わせて現地の日本語ツアーで観光して回りました↓
バンコク市内観光+世界遺産アユタヤ遺跡観光ツアー | バンコク 観光・オプショナルツアー専門 VELTRA(ベルトラ)

このツアー、一日で無理やり多数の寺院を周るため控えめに言ってもかなり疲れます。
僕はまだしも、連れは最後ぐったりして喋らなくなってしまいました(;´▽`)y-~~

ただこういったツアーでも組まないと非常に観光に時間と手間がかかってしまうので、一応見るものは見たという意味で良かったかなと思います。日本語で説明が聞けましたし。・・・ただガイドさんが女性の格好なのに声がやたら低かったんですよね。もしかしてニューハーフだったのかしら(笑)

さて、記事が長くなりすぎてしまったのでここで一旦前篇は終了とします(´・∀・`)
後半はバンコクの町中やその他諸々の事について書こうと思います。

ではでは。

使用カメラ:PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-3レビュー

使用レンズ:・PENTAX 標準単焦点レンズ DA35mmF2.4AL
PENTAX 標準ズームレンズ 防滴構造 DA18-135mmF3.5-5.6ED AL[IF] DC WR Kマウント APS-Cサイズ
TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP AF70-200mm F2.8 Di A001P



ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly


同じカテゴリの関連記事

関連タグ : 写真, カメラ, 旅行, 海外, タイ, 季節, オススメ, K-3, Pentax, ,

コメント
この記事へのコメント
いいですね、いろいろ勉強になりました(^-^ )
2015/02/05(Thu) 21:21 | URL | ゲームする名無 | 【編集
海外の写真を見るとまず『色』に目が行く。
独特の色づかいに国の個性を感じますね、見ているだけでワクワクします。
2015/02/06(Fri) 13:12 | URL | REiV | 【編集
タイといえば・・カレーかな?
あと、画像にも有るけど渡し船。

花と寺院の組み合わせがいい感じですな。
2015/02/07(Sat) 16:01 | URL | なんだかな | 【編集
名無しさん
よかったですー(´∀`)

REiVさん
日本では使わない配色をしますよね。
特にアジアは独特でいいですな。

なんだかなさん
グリーンカレー!大好きです。
花は記事にも書きましたが、ほんとアユタヤでしか見なかったなぁ・・・。暑いからなかなか育たないのかな?
2015/02/09(Mon) 23:07 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。