ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



wiiu.png

関税高すぎですね。

ブログパーツ

任天堂がブラジルからの撤退を決定しました。

・・・

任天堂は撤退の理由として、ブラジルが国内ビジネスを守るために課している非常に高い輸入関税をあげています。 これによりWii Uは、1,899レアル(約85,600円)で販売されており、ゲームソフトは179~199レアル(約8,066~8,967円)となっています。

この件について米国任天堂で南米部門を担当するディレクター兼ジェネラルマネージャーのBill van Zyl氏は、「ブラジルは任天堂にとって重要なマーケットであり、熱狂的なファンも存在しています。 しかしローカルビジネスを守るための政策により、我々の流通モデルを維持することができなくなりました」と語っています。

・・・



ブラジルは精密機器に対する関税が非常に高いそうで、実際その他のゲーム機も非常に高い価格で販売されています。実際の価格はPS3が1299ドル(約10万円)、Xbox 360が799ドル(約6万2000円)、PS4(19万円)!大体日本での価格の4倍くらいですね(;’A ’)

この価格ではとても商売にならん・・・ということで任天堂は撤退を決めたようです。ブラジルはゲームソフトの海賊版が跋扈していることでも有名なので、その辺りの理由もあるのかもしれません。いずれにせよブラジルのゲームファンにとっては辛いですな・・・。

ちなみにソニーはブラジルでの現地生産を行う事で今後価格を下げていく予定だそうです。



ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly



関連タグ : ゲーム機, ブラジル, 撤退, 任天堂, ソニー, 価格, 関税,

コメント
この記事へのコメント
他社はそれでも商売している訳で・・。
本件については余り良い印象は無いですね。

まあ、欧州も規模を縮小していた気がするので
日本と北米死守という感じでしょうか?
2015/01/16(Fri) 20:43 | URL | なんだかな | 【編集
健康領域にリソースを割いてるのも影響してるかもしれませんね。
2015/01/18(Sun) 20:12 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。