ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



風立ちぬ スタジオジブリ 堀越二郎_R

本日公開!早速見てきましたよ!

ブログパーツ 宮崎駿監督の最新作、スタジオジブリ『風立ちぬ』
印象が薄れないうちにレビュー/感想を。

基本的にネタバレは無いですが、何の前知識も無く見たい!
という方は読まないことをお勧めします
m(_ _)m

背景・あらすじ

最初この話の映画化を持ち掛けられた時、監督は怒り出したそうです。
「アニメは子供のために作るものだ」と。ただしそこを説得され、逆にインタビューでは「子供向けのものは作り切ってしまった」とも。

そういう訳で、今回の作品は"大人向け"のものとなっています。


予告映像。

『風立ちぬ』は堀越二郎という実在の人物が主人公。
子どものことから勤勉で秀才、かつ非常に育ちの良い青年です。

時代としては関東大震災から第二次世界大戦にかけて。
日本が欧米にひどく後れを取っていて、貧しくて、躍起になって追いかけている時期ですな。

そんな日本でも欧米に対抗できるような飛行機として、二郎は「零戦」を設計する訳です。その過程が物語の中心となります。

kazetatinu 堀越二郎

引き込まれる描写

宮崎駿監督の作品では毎回の事ですが、今回も絵が素晴らしいです。

特に今回凄いと感じたのは、
①関東大震災が起こったシーン
②飛行機が飛んでいるシーン
ですね。

特に①は本当に凄い。
最初何が起こったのか分からず、登場人物たちと一緒に混乱していました。
非常に強烈で、無力感を感じさせる描写でした。まるでその場にいて地震を食らったような強烈なインパクト。これだけで一見の価値アリです(笑)

②は何度も作中に出てくるシーンですが、特に二郎の目を通して飛行機と一体化できるのが非常に気持ちいい。
二郎と一緒に目をキラキラさせてしまいそうです(´ー`)

考えさせられてしまう

僕はこの映画の中で二回ほどウルッと来てしまいました。
ネタバレになるので詳しくは書けませんが・・・一つ目は二郎の仕事への姿勢と責任の重さ。二つ目はヒロイン、菜穂子とのやり取りです。

テスト飛行に失敗すればテストパイロットの命が危険にさらされるし、飛行機を作り上げても結局戦争に使われて多数の(敵もですが、特に気になるのは味方の)戦死者を出す。人の死に直結する仕事。

そんななか二郎はがむしゃらに、かつ淡々と開発を続けていく。あまりその点について深く考えているようには見せませんでしたが、実際は強烈なプレッシャーがかかっていたはずです。
そんな姿勢を見て、一応技術者の端くれとしてはなんだか恥ずかしいような申し訳ないような気持になってしまいました。

どうしてくれようこの気持ち(笑)

風立ちぬ 里見菜穂子_R

菜穂子がこれまた良い娘でですねぇ。
劇中でも使われますが、正に「健気」という言葉にふさわしい女性なんですな。
この辺は見てからのお楽しみという事で余り触れないで置きます(´・∀・`)

なんだか仕草が彼女に似ていて会いたくなってしまいましたが(笑)

二郎の声は『エヴァ』の庵野監督

映画公開前から話題になっていましたが、二郎の声は『エヴァンゲリオン』の監督である庵野秀明さんです。まず話題性としては抜群ですが、気になるのはその中身。監督としては素晴らしくても声優としてはどうか・・・

結果から言えば、第一印象はイマイチです。
声が結構老けているので、二郎が高校生?大学生?位の時にはかなり違和感がありました。声だけがおっさん・・・(笑)
正直、「これ失敗じゃないか」と思いました。

ただ、物語が進むにつれ二郎の年齢が上がってくるとかなりしっくりくるように。
さらに、上でも書きましたが二郎はかなり淡々としているのですが、その人となりは良く伝わってくるなぁという感じ。飾らない、感情をあまり表に出さないという意味では良かったのかな。

出来ることならプロの声優さんと比較してみたいですね(´∀`)笑

まとめ

これまでの様なファンタジックな要素は少なく、表に出てきにくい精神的な動きも多いです。確かに大人向けの作品になっていますね。テーマも重いですし。

逆に映画館(@宮崎)では高齢の夫婦なんかも何組かいらっしゃって、アニメなのにそういう層の興味を引いているんだなと関心。映画が終わった後は皆さん何かを考えているような表情をしていらっしゃる様子でした。

逆に、大人向けだからこれを子供に見せない、というのはなんだかもったいないかなという感じがします。どう感じるのか分かりませんが。これを見せて、その感想を聞いてみたいですね。

なんだか長くなってしまいましたが、個人的には非常にお勧めです。
『ポニョ』や『ハウル』よりもずっと得るものがあったと言いますか。実際に行動とか考え方を変えてみようかな、と思わせる部分がありました。

もし見たよーという方がいれば、是非感想を聞かせて下さいね( ´ ▽ ` )ノ





ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly


同じカテゴリの関連記事

関連タグ : 風立ちぬ, スタジオジブリ, 宮崎駿, アニメ, 庵野秀明, レビュー, 感想, 評価,

コメント
この記事へのコメント
失礼します。映画は未鑑賞なのですが
「背景・あらすじ」のところの
>『風立ちぬ』は堀井二郎という実在の人物が主人公。
と言う箇所、堀越二郎だと思います。

映画の方は予告とテレビの特集くらいでしか知らず
またファンタジックな方のジブリがどちらかというと好きなので、こちらよりもかぐや姫の方が気になってます。
2013/07/21(Sun) 09:13 | URL | ゲームする名無 | 【編集
ご指摘ありがとうございます。
修正しました(・-ω-・)

かぐや姫の罪と罰・・・とのことであちらも面白そうですね。
絵のタッチも独特ですし。

でも「風立ちぬ」、駿監督の新しい試みなので是非お試しあれです(´ー`)
2013/07/21(Sun) 09:22 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/07/21(Sun) 22:00 |  |  | 【編集
ありがとうございます。
嬉しいです。

競馬の方は、僕はチョコボスタリオンをプレイしたことがあるぐらいなので良くわかりません・・・すいません(´・ω・`)
2013/07/22(Mon) 01:05 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
ファンタジー性も良いジブリですが、むしろ今の子ども達にはこういった過去こんな事やこんな人がいたって所を知ってもらうには良い機会かもしれませんね。大人向けと言いますが、老若男女に見てもらいたいですね。
2013/07/25(Thu) 20:01 | URL | ネコ | 【編集
管理人様

はじめまして。ドラポまとめアンテナ管理人です。

この度は相互リンクのご依頼でお問い合わせ
致しました。可能であればRSSの取得もして頂けると幸いです。

ドラポまとめアンテナ
http://drapo-blog.com/

RSS:http://drapo-blog.com/feed/

twitterアカウントもあります。
https://twitter.com/Drapo3Drapo

ドラゴンポーカーのアンテナサイトとなっておりますので、様々なサイトの
アクセスを交換できるかと思います。
世界で最初のドラゴンポーカーのアンテナサイトです!!

レスポンシブルデザインなので様々な端末に最適化されたデザインになっております。
コンテンツを増やしていきますので、相互リンク宜しくお願い致します。
ご返信お待ちしております。

以上
2013/07/26(Fri) 17:25 | URL | ドラポまとめアンテナ | 【編集
>ネコさん
ご返事遅れました。
おっしゃる通りで、そういった意味では教育的かもしれませんな。
2013/08/03(Sat) 20:54 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。