ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



gree_R.jpg

本当に?

ブログパーツ

急成長しているソーシャルゲーム。そのビジネスモデルを揺るがしかねない事態が起きている。

 ある政府関係者によれば最大手グリーの摘発に向けた検討が始まったもようで、「4~5月が山場だ」というのだ

 ソーシャルゲームは今どき珍しく営業利益率約50%という国内屈指の収益性を生み、グリー創業からわずか7年で市場規模は2000億円を超える成長を遂げた。その根幹をなしているのが「アイテム課金」というモデルである。

 通常、ゲーム自体は無料ながらも、ゲームを進める上で必要となるアイテムに課金される。

 アイテム次第でゲームの攻略は有利になるので、利用者の熱は増す。しかも、主流となるゲームでは強力なアイテムを得るためにくじ引きの要素が取り入れられており、ついついカネをつぎ込んでしまう仕組みになっている。

 ゲームジャーナリストの新清士氏は「月10万円近く使うような、会員全体の3%に満たない高額利用者が支えている」と言う。

 会社側にとってみればデジタルアイテムを制作する原価はほぼなく、その出現確率も操作できるために高収益につながるのだ

 しかし、人気が高まれば高まるほど問題は深刻化していく。

 希少性の高いアイテムがネットオークションを通じて実際に取引されるようになった。数十万円の高値がつくアイテムもあるほどで、ゲームのバグを突いた複製で荒稼ぎする者も出ている。

 もともと携帯端末を用いて無料でゲームが始められ、簡単に決済ができることで会員数を伸ばしてきたために、未成年者の高額利用の問題も引き起こしている。

 各地の消費生活センターには、子どもが多額のカネを使ってしまい困り果てた親からの相談が相次いでいる。「100万円を使う例もよくある」(東京都関係者)ほどだ。

 高まる規制リスクを見越した市場の動きも出ている。大和証券キャピタル・マーケッツは「業績拡大は続くものの、行政指導がなされるリスク度合いが増している」などとしてグリーの投資判断を1から3へと2段階引き下げた

 こうした状況にようやくグリーも社内委員会を立ち上げ、対策に乗り出した。未成年者の利用を年齢によって月5000~1万円に制限すると発表。大人でも一定額に達した際には通知したり、ネット取引を監視したりすることにしている。

 しかし、業界一丸とならなければ効果は薄い。規制の緩いゲームに流れるだけだからだ。のんびりとして問題が大きくなれば、政府の介入を招く口実を与え、成長産業が一気にしぼみかねない。

 射幸心をあおるゲームシステムやゲーム内のアイテムの現金取引、そして未成年者の高額利用の課題をどう解決するのか。

 自主ガイドラインを定めるなど、早急に業界としての対策を講じるべきである。


これに対し、グリーから反論するコメントが出ています。

本日店頭発売の「週刊ダイヤモンド」2012年3月31日号において、「当局がグリーに重大な関心 正念場迎えるソーシャルゲーム」と題する記事が掲載されました。

当該記事は、当社が犯罪行為に関係した事実は一切存在しないにもかかわらず、あたかも当社が犯罪行為に関係しており、警察・司法当局による摘発が近日中に見込まれるかの印象を読者に与えるものであると考えられ、当社の信用を不当に、かつ著しく毀損しかねないものと言わざるを得ません

したがいまして当社は、本日付けで、同雑誌の発行元である株式会社ダイヤモンド社に対して抗議文を交付し、当社の信用回復のための措置を速やかに講じるよう要請しました。

当社は、法令を遵守し、ユーザーの皆様に対するサービスの内容・品質を向上するために様々な取り組みを行なっています。

本年3月12日には、社長直轄の利用環境向上委員会を設置し、3月16日には、利用環境の向上及び良好な利用環境の維持等を期して各種施策を公表しました。また、3月21日には、プラットフォーム事業者6社の共同で、ソーシャルゲームの利用環境向上等に関する連絡協議会も設置しています。 

当社は、今後とも、当社サービスの利用環境のさらなる向上等を図るとともに、ソーシャルゲーム産業全体の健全な発展を目指し、随時、可能な限り速やかに、必要かつ適切な各種の取り組みを積極的に推進してまいります。



まぁソースもはっきりしませんし、GREEから反発されるのも当然ですな。

とはいえ、個人的には摘発に入ってほしいのが本音(笑)
どんな理由で摘発されるのかよくわかりませんけども・・・(´・ω・`)

ところで、「なんでソーシャルをそんなに敵視するの?」という疑問に対して、読んでいてハッとする記事を書いている方がいらっしゃいましたのでご紹介。

私は、ソーシャルゲームの商売が腹立たしいのだが、その理由が最近までわからなかった。

 はじめは、儲け方がアコギだからか、と思った。しかし、ゲームの商売は昔からそうだった。ファミコン時代には、大してコストもかかっていないソフトを、出せば売れるというヘブン状態。いろんなメーカーがぼろ儲けした。格闘ゲームブームの時は、アーケードゲームで1分200円という高回転を実現し、全国のゲームセンターが大いに儲けた。そして最近ではキャラクター商売。高価なグッズが飛ぶように売れていく。

 ゲームは昔から、そういう身も蓋もない儲け方を追求してきた。ソーシャルも単に新しい儲け方に過ぎず、そもそも私はお金を奪われていないのだから、不快を感じる理由などないはずだ。

 だが、許せない点が見つかった。奴らには従来のゲームへのリスペクトが欠けているのである。新ジャンル・新ビジネスを標榜しつつ、その実態は昔のゲームから断片的にパクったお粗末極まりない内容。その中で、課金導線だけが奇形的に進化しており、実に気持ち悪い

 先人の業績を知らず、ものの善し悪しが分からない作り手が、これまたものの善し悪しが分からないユーザーを相手にして、商売が回っていく嘆かわしさ。ジジイの繰り言と、笑わば笑え。俺たちはゲームが本当に面白かったことを知っている


おそらくその通り(=゚ω゚=)



ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly



関連タグ : GREE, 犯罪, ソーシャルゲーム, 携帯ゲーム,

コメント
この記事へのコメント
この特徴ある課金モデルは本心では不愉快なのだが
事業モデルという点においては納得しなければ
ならないと(というか認めなくてはならない)思う。
・・・・・・・
最後の文(>だが、許せない点が見つかった。・・・云々)が
自分にとっての一番同感とおもうところです('_' )
2012/03/26(Mon) 18:04 | URL | seek | 【編集
実際あれだけ金を集められているのは凄いことで、きっと頭の良い方々がシステムを作っているんでしょう。
ですが、「ほら、こんな簡単に儲けられるんだよ?」というのをパクリゲーで見せつけてくること、これが実に不快なんですねぇ。
2012/03/27(Tue) 00:26 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
金を注ぎ込めば、得られるカタルシスも多いというのは貧しい発想だと思うけど。
家庭用ゲーム機のDLCはプラスαの楽しみだけど、全く意味合いが異なるし。
2012/03/27(Tue) 02:32 | URL | ゲームする名無 | 【編集
お金を払って、それに見合ったコンテンツなどが得られるんならまだしも・・・そんなことはないですからね。まぁだから儲けるんでしょうが。
2012/03/27(Tue) 20:56 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
個人的に感じるのは、人の制御のしようが無い「欲」と「競争心」「優越感
」を利用した商売と言うのが金儲けをするにしてもやり過ぎだと思う。
特に未成年が多いのにも関わらずそこを過度に続けるのは社会的責任と言うところで問題が大いにある気がします。
まぁそう言うところを気にしないから儲けられるのさ!と言ったらそれまでですけど。
自分はそうまでして金を儲けたくないし子供を食い物にしたくないなぁと思いますね。
2012/03/28(Wed) 01:09 | URL | ゲームする名無 | 【編集
良心というか、モラルが足りないんですな。
子供については限度を設けましたが、一か月で上限が5000とか10000円とか、高すぎます。もう言い訳めいてますよね、とりあえず上限は設けたから文句ないでしょ?みたいな。
2012/03/29(Thu) 01:23 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。