ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



maf_v3_main_R.jpg

あの不気味な人面魚が復活?

ブログパーツ
有力ソフトの不在から販売不振を招いた「3DS」の失敗を教訓に、岩田は「ソフトを途切れずに投入できる準備をするつもりだ」と話す。はやり廃りの激しいゲームの世界では、発売のタイミングを逸することがゲーム機本体の死活問題。「3DS」の成功には、マリオやポケットモンスターといった大人気ソフトをしのぎ、新たな有力ソフトがどうしても必要になる。

 「人間関係で悩んでるんだろ?」

 10数年前、こんなセリフを不気味な人面魚がふてぶてしい態度で語りかけてくる人気ソフトがあった。セガの「ドリームキャスト」向けに発売された「シーマン」。1999年に発売され、お茶の前の話題をさらった他社ソフトを立体映像が売り物の「3DS」で復活させる計画もそんな戦略の1つだ。
岩田社長が口にした、任天堂の「没落」  :日本経済新聞

「シーマン」。
ドリームキャストで発売された本作、夜中に厳しい突っ込みを浴びせるCMはインパクト抜群でした。



昔欲しかったんですよ、これ。『ラブプラス』もそうですけど、こういったコミュニケーションゲーム?って携帯機と相性良さそうですよね。3DSで発売されたら多分買っちゃいます(笑)






ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly



関連タグ : シーマン, 3DS, リメイク, 移植, 携帯機, 任天堂,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。