ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



s-Capcom_Logo20090511.jpg

カプコン東京制作部 開発運営室長 兼 ソーシャル事業室長の杉浦一徳氏へのインタビューが行われています。

ブログパーツ 4Gamer.net ― 今,カプコンが本格的にソーシャルゲームを展開する真意とは? 東京制作部 開発運営室長 兼 ソーシャル事業室長の杉浦一徳氏に聞いてみた

杉浦氏は『モンスターハンターフロンティア』の運営にあたっていた方だそうで、その方がカプコンのソーシャルを担当しています。非常に長いインタビューなのですが、興味深いことがいくつも書かれているので一部抜粋しますと、


・・・

杉浦氏
 参入したばかりの人間が言うのもおこがましいのですが,私は常に「歴史は繰り返す」「愚者は経験に学び,賢者は歴史に学ぶ」という言葉を意識しています。
 もともとのソーシャルゲームはフィーチャーフォン向けでしたから,機能もグラフィックスも,シンプルにせざるを得ませんでした。家庭用ゲーム機にたとえるなら,ファミコン登場前後の黎明期といったところでしょうか。
 ここ数年のハードの進化,とくに高機能スマートフォンの登場に伴って,ソーシャルゲームにおいても,グラフィックスは向上し,ボリュームは増え,オンラインで遊ぶことも普通にできるようになりました。
 開発側から見ても遊ぶ側から見ても,「やれること」は格段に増えていますし,ソーシャルゲームもあと3年後,5年後には大きく進化しているでしょう。

・・・

4Gamer
 ソーシャルゲームを遊ぶ人は,いわゆるライトユーザー層が中心で,通勤・通学や休憩といった,短い時間にプレイしているという印象があります。一方で,先ほどお話しいただいたように,スマートフォンでは,「やれること」が増えていますよね。
 カプコンとしては,既存のライト層と,今後増える可能性があるコア層の,どちらの方向を目指していくんですか?

杉浦氏
 私が重要だと考えているのは,「短時間でもゲームを遊んだ感覚を味わえる」ということです。

4Gamer
 ということは,ライトユーザー層を狙っていくと?

杉浦氏
 大きく分ければそうなりますが,その中でも二つの方向性があります。
 一つは,ゲームで遊びたいけどゲームが難しくてプレイできない,あまりプレイする時間が取れない,というような方々に,短時間で手軽に「ゲームをやった感」を提供することです。たとえば,スマートフォンのアプリに期待されているものなどが,それに該当すると思います。
 あくまで,私個人としての経験を踏まえた見解ですが,私自身もアクションゲームで遊ぶのは大好きですけど,歳を取ってくると肉体的についていけないときがあって………すごく悲しいんですよね。
 また,社会人だと平日は仕事がありますし,子供がいれば土日は家族サービスもしなければいけないなど,どうしてもゲームを遊ぶ時間が取れなくなってきます。ただそれでも,何かしらゲームと接点を持っていたいという人達は確実に存在しています。
 もう一つは,これまでゲームに触れたことがなかった人達に,時間を過ごす方法の一つとして,面白さを提供することです。言い替えると,有意義に楽しい感情を共有できる場を提供するというような感じでしょうか。

4Gamer
 ということは,既存のゲーマー層を呼びこもうとは考えていないんですか?

杉浦氏
 そうですね。据置型/携帯型といった家庭用ゲーム機を持っていて,ゲームをプレイする時間を十分に取れる方に,ソーシャルゲームを遊んでいただくことは,あまり考えていません。
 そういった方々には,カプコンから今後リリースされる家庭用ゲーム機やオンラインゲームのタイトルを,どんどんプレイしていただきたいです。

016 (1)


4Gamer
 カプコンとしては,住み分けができればいいと。

杉浦氏
 今は何かの事情で家庭用ゲーム機で遊べない方々も,数年後に再び遊んでいただけるようになるかもしれません。そのようなとき,またカプコンの家庭用ゲーム機のタイトルを手に取っていただけるように,接点を維持し続けるという意味合いもあります。
 3年も5年も離れてまったく接点がなくなってしまうと,もう一度ゲームをやろうという気力は,なかなか湧かないんですよね。

4Gamer
 確かに。

杉浦氏
 また,ソーシャルゲーム以前はまったくゲームに触らなかったような人は,最初はワンボタン操作や短い文章のようなシンプルなもので満足できても,2年3年と続けていけば,次第に物足りなくなるでしょう。その頃には,ゲームに対して相当のニーズを抱いているはずです。
 そのように,ゲームに対する欲求が強くなった方には,「カプコンはこういうゲームも用意しています」と,家庭用ゲーム機やオンラインゲームのタイトルを提供することもできるわけです。

026.jpg


4Gamer
 家庭用ゲームのIPを利用したソーシャルゲームが起点なら,なおさら誘導がしやすいわけですね。

杉浦氏
 ええ。つまり,ソーシャルゲームと家庭用ゲームとの接点がどんどん増えていくわけですし,何かしらの新しいジャンルが生まれるかもしれません。そうなったとき,カプコンが持っているIP,人材,ノウハウといった財産が,大きな意味を持ってきます。
 カプコンのソーシャルゲーム事業に関して言えば,短期的に売上や収益を上げることが目的なのではなく,3年後,5年後を見据えて,カプコンにいい影響をもたらすと考えたからです。

4Gamer
 少し話が逸れるかもしれませんが,杉浦さんは,ソーシャルゲームの面白さはどこにあると考えていますか?

杉浦氏
 私自身がゲーマーなので,それは難しい質問ですね。
 今,ソーシャルゲームを遊んでいる人の主軸は,いわゆるゲーマーではない方々が多いと捉えています。その人達が,どういう心理でソーシャルゲームを遊んでいるのかは,ゲーマーである私には,推測するしかありません。ただ,カードを育てるような要素は,既存の育成シミュレーションゲームなどに通じるところがあるので,楽しいと思える部分は確実にあるとは思います。
 ゲーマーの視点でソーシャルゲームを語ると,ネガティブとも取られかねない話になってしまいますが,ゲーマーは自身のニーズにフックとなるものがない限り,ソーシャルゲームを遊ばないだろうとも思っています。

010.jpg


4Gamer
 素人目線だと,ゲーマーも満足できるソーシャルゲームを作ればいいのでは? と考えてしまうのですが。

杉浦氏
 言葉にして表現するのは難しいのですが,多くの人,先に申し上げた主軸層がソーシャルゲームに求めているものは,ゲーマーが考えるゲームとは違うものだと考えています。ですから,それができるようになるには,あと数年はかかるでしょうね。

4Gamer
 数年ですか?

杉浦氏
 例えば,「MHF」で有料のアイテム販売を始めたとき,非常に多くのお客様からのお叱りの声をいただきました。しかし,それでもアイテム販売を継続し,数年経った今は,状況が変わってきています。アンケート結果や体感レベルの話ですが,導入当初は9割以上が否定的でしたが,今では5割以上が肯定的といったところでしょうか。

4Gamer
 否定派が減って肯定派が増えたというか,ユーザーの意識が変わってきたと。

杉浦氏
 今,家庭用ゲームが好きなゲーマーの中には「ソーシャルゲームが気に食わない」とおっしゃる方も多いかもしれません。
 ただ,お客様が実際に体験してみないと分からないことや,時代の流れとともに変わること,あるいは時が経つことで解決することなどが存在しますから,1~2年後には状況が変わっている可能性もあります
 そう考えると,今はあまり悩みすぎないで進めていくほうがいいのかなと思いますね。

・・・


長すぎだろ!抜粋できてないよ!と言われそうですが・・・すいません(笑)

さて、ここ数年のソーシャルの流行によって所謂家庭用ゲームメーカーもドンドンとソーシャルゲームの開発を手掛け始めています。

既存ゲーマーとしてはこの流れに危機感を抱いている方も多くのではないでしょうか。
僕もそうですが、「このままでは据え置きは廃れてしまうのではないだろうか・・・」という思いがあるんだと思います。インタビューでも話題に上がっている通り、現在のソーシャルゲームはゲーマーの求めてる「ゲーム」とはちょっと違うんですな。

ちゅーか開発者自身が、そのソーシャルの面白さを「推測するしかない」と言っちゃうぐらいですし(´・ω・`)

しかし杉浦氏がおっしゃる通り、現在のソーシャルの客層の目が肥えて、その目が据え置きに向く可能性も確かにあるのかもしれません。つまりソーシャルゲームが従来のゲーム業界の裾野を広げるんじゃないか、という事ですな。

そういった意味では考えると、現状ゲーム業界には閉塞感もありますし、現在の流れは仕方ないのかなとも思えてきます。
・・・ですが、それでもやっぱり「ソーシャルも頑張ってほしいですね」とは言えません。利益を生む仕組みがどうしても好きになれない(・ω・)

まぁそうぼやいても仕方ないし、とりあえずどうなるのか見守っているしか無いですかねぇ。



ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly



関連タグ : ソーシャル, 携帯, ゲーム, アプリ, モバゲー, グリー,

コメント
この記事へのコメント
自分自身は感情的に「ソーシャルゲーム」は
嫌いなのですが、最近は否定ばかりせず見守るような
事も必要なのかなぁ・・・なんて思ってみたりwww

でも、プレイはしないですよwあくまでも見守るだけw
2012/02/16(Thu) 22:32 | URL | seek | 【編集
ちゃんとCSゲーム開発してるならソーシャル作るのは
ありかもだけど
現状はどのメーカーもね…受け皿が割れてる状態
2012/02/16(Thu) 22:40 | URL | ゲームする名無 | 【編集
自分はゲーム自体好きなので家庭用もアーケードもソーシャルも遊んでます
通勤通学中に据え置きゲーム出来ませんし…でもゲームしたいしw

まぁ、ゲーマーがソーシャルを好きになれないのは、
新しい物への警戒感とか、それが凄い勢いで自分が好きだった物を下手すると浸食してくるような嫌悪感みたいな…
昔ファミコンが出始めた頃にパソゲーユーザー(自分もそうでした)が「ファミコンってwww」ってのと似てるなぁと思ってしまうんですがw
逆にこれから育つ&生まれてくるゲーマーはそこに拘り無いんじゃないですかね
個人的にはそうなって欲しいと思っています
2012/02/17(Fri) 01:03 | URL | ゆき | 【編集
ソーシャルが嫌いな理由が金むしり取りすぎなのがダメ

手軽にプレイというのならありだけどそれで据え置きにまでゲームに対しての批判が増える可能性があるのが嫌なんだぜ。

アイテム課金やらそういうのも嫌いな俺がいうのも何だけどなー
2012/02/17(Fri) 08:20 | URL | ゲームする名無 | 【編集
個人的にはソーシャルの課金システムは好ましくないですが、その存在が原因となって家庭用ゲームが廃れる事が無い限り『好みは人それぞれ』と考えてます。
2012/02/18(Sat) 11:25 | URL | REiV | 【編集
>seekさん
僕は何度かブラウザゲーやってみましたが、本当につまらん!という感じではなくて、つまらないけどなんとなく面白い、というプレイ感覚だったんですよね。ソーシャルもそんな感じなのかな・・・と。

>受け皿が割れてる状態
そこですよね。そこがすごく不安。

>ゆきさん
ガチゲーマーですね(笑)
ソーシャルを嫌悪する理由として、
下の名無しさんが、
>ソーシャルが嫌いな理由が金むしり取りすぎなのがダメ
とおっしゃってるのですが、そのファミコンvsパソゲーのような構図の他に、課金システムに大きな原因があると思うんですよね。

そんなのありえない!という感じですな。

>REiVさん
その課金システムでも満足しているかたはいるんでしょうから、そうなりますかねぇ。
2012/02/19(Sun) 11:43 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。