ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



2011-12-19-223717_R.jpg

PS Vitaと地デジレコーダーtorne(トルネ)の連携がどんなもんか試してみました!
その感想/レビューです。

ブログパーツ 先日torneがver.3.51にアップデートされ、Vitaにも対応してきました。
しかし実は単に「対応」しただけではなく、目玉機能ともいえる「クイック書き出し」なるものが付いていました!

これまでPSPにtorneで録画した動画を移す時の最大の悩みはその転送時間。1時間の動画なら1時間ちょい、4時間の動画なら6時間になることも。
とにかく非常に長い(´・ω・`)

その間PS3もPSPも使えないし、もうちょっとどうにかならないのかよ・・・とずっと思っていました。

2011-12-19-222818_R.jpg

しかし今回搭載された「クイック書き出し」のおかげでその悩みは一気に解消へ!
torneを起動してこの機能を選択すると、転送時間が大幅に少なくなります。

具体例を挙げれば、50分の番組を普通に「書き出し」すると1時間程度。それが「クイック書き出し」にすることで6分になりました。これはすごい!

おかげで持ち出しやすくなってバンバンザイですな。
素晴らしい機能です(´∀`)

ちなみに、torneとVitaを連携させるには「uketorne(ウケトルネ)」というアプリが必要なので、PSストアからのダウンロードをお忘れなく!

また、実はこの機能PSPでも使えます
PSPのみ持っている方も是非使ってみて下さい( ´ ▽ ` )ノ

torne17_R.jpg

さて、Vitaに動画を移した後実際に見てみました。
画質は・・・うーんややボケてるかな?

まぁこれは当たり前の話で、Vitaの解像度960x544に対し転送される動画は720x480のSD画質。どうしてもこうなってしまいますな。ただパネルが綺麗なせいか、普通のSD画質の動画よりはかなり綺麗に見える気がします。

それより問題は動画プレーヤーの操作感。
PS3で好評だったコントローラを使った便利な操作が全くできず、タッチのみによる操作。

さすがにちょっとこれはどうかと。
1.5倍速とか出来ないし(;’A ’)

今後のアップデートで改善を望むところです。

ただ、一定時間ごとのサムネイルを表示するシーンサーチが搭載されており、それは非常に便利。

torne18_R.jpg

個人的に、トルネとVitaの連携自体はほぼ100点!と言ってあげたい所。
あとはVita自体の動画再生機能がもう少し使いやすくなれば・・・。

しかしビデオ持ち出せてツイッター見れてゲーム出来てと贅沢なマシンですな。
電車の中ではこれ一つあれば何の問題もない。これは良いものだ(´∀`)



Amazon
PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) 3G/Wi‐Fiモデル クリスタル・ブラック (初回限定版) (PCH-1100 AA01):

PlayStation Vita (プレイステーション ヴィータ) Wi‐Fiモデル クリスタル・ブラック (PCH-1000 ZA01)





ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly


同じカテゴリの関連記事

関連タグ : 動画, ムービー, レビュー, Vita, 感想, torne, ウケトルネ, uketorne,

コメント
この記事へのコメント
物理キー操作も併用できればいいですけどねぇ
あとブラウザアプリをもっと快適に
2011/12/20(Tue) 03:26 | URL | ゲームする名無 | 【編集
ちょっとタッチ操作に振りすぎな感じだよね
ボタン操作を選べるようにして欲しい。UI的にも出来ないことはないと思う
2011/12/20(Tue) 07:42 | URL | ゲームする名無 | 【編集
>ブラウザアプリをもっと快適に
ブラウザ、PSPよりはずいぶんよくなりましたけど、それでもまだまだ重いですね。3Gからだと思いサイトは遮断されちゃいますし、使い勝手が悪い。

>ちょっとタッチ操作に振りすぎな感じだよね
まぁ最初だから反応を見てるのかもしれませんけどね。動画プレイヤーまでタッチのみとは思いませんでした。
2011/12/20(Tue) 13:55 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。