ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



img3572_05.jpg

悪質なプレイヤーをガンガンBANして欲しい><!

ブログパーツ
Call of Duty Eliteの開発を手掛けるBeachheadのNoah Heller氏がNow Gamerのインタビューに登場し、Call of Duty: Modern Warfare 3のチーター対策について言及。これまで無法地帯と化していた状況もしばしば見られたマルチプレイヤーに対して徹底的な対応を進める方針であることを明らかにしました。

Noah Heller氏は各種オンラインサービスを統合するCall of Duty Eliteが持つ別の役割がチート対策に対する有用性だと明言、Beachheadでは細かな統計データの取得により、あるプレイヤーが何度も同じ4人のプレイヤーをキルしている状況などを容易に検知することが可能で、こういったブースター(※ プレイヤー達が連携して一列に並んだプレイヤーを効率良くキルすることでXPを意図的に稼ぐなどの不正行為)達に対しても統計ステータスの変更の変更からBanなど、厳しい処置を施すと語っています。

さらにBeachheadは週7日の24時間体制で活動するアメリカやヨーロッパなど多言語に及ぶオペレーションチームを結成しており、彼らが実際に多くのトーナメントを実行し、スコアボードも参考に多くのチート検出を行うと語り、かなり大規模な不正対策を準備している様子を強調しています。

また、彼らオペレーションチームは疑わしいゲームを観察することが可能で、常に行われている検知と視認から何かおかしい状況が確認された場合には、何が行われているかを確かめる為にそのゲームに実際に入って確認するとのこと。(※ 恐らくスペクターとして)

さらにチームには実際のプレイヤーとしてゲームに参加することも許可されており、不正確認の最終手段として該当するマッチにプレイヤーとして参加するケースも存在することを明かしています。
(Beachheadが「Modern Warfare 3」のチート対策方針を明らかに)

PS3の『MW2』ではチートが横行していることが話題となったりもしました。チートはゲームバランスが崩れるだけではなく、ゲームデータの改ざんにまで及ぶ可能性があるために、運営には断固とした対応を見せてもらいたいですね。

「Elite(エリート)」は有料サービスですが、データだけは課金する・しないにかかわらず取ってあるんでしょう。それによってチートが行われるか判断すると。ちゃんと機能するといいなぁ。

img3572_09.jpg

ところでチートとは関係ありませんが、日本からも「Elite(エリート)」は利用できるのでしょうか。全くアナウンスがありませんな・・・。結構興味ある人もいると思うのですが。






ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly



関連タグ : コールオブデューティ, CallofDuty, ModernWarfare3, CoD:MW3, マルチプレイ,

コメント
この記事へのコメント
グレポンさえ消えれば、我が軍は十年戦える(`・ω・´)

ってのは冗談で
外人のフレが倍速部屋とかに誘ってくれるのは嬉しかったんだよな・・・
2011/08/23(Tue) 16:53 | URL | ジムスナイパー | 【編集
駄目だッ!そっちは悪の道への第一歩・・・!
2011/08/23(Tue) 21:35 | URL | ジョニーウォーカー | 【編集
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。