ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログパーツ



ゲームの内容を見て、その対象年齢を決定するレーディング「CERO」。
ソースではその基準がどのように決められているのかが掲載されています。
どこまでOKでどこからNG? レーティングのあれこれをCEROに聞いてみた

s-100901_cero_1.jpg


気になる点を抜粋。

・CEROの運営資金はレーティング審査を依頼されたときの審査料が主体。

・審査員はゲームに慣れ親しんでいるとは限らない。

・審査は実際にゲームをプレイして行うわけではない。

・ソフトメーカーが作った「映像」で審査を行う。


うーん・・・CEROの審査は「映像」を使って行われるってのは知っていたのですが、それだと文脈が切れちゃっているだろうからなぁ。ちゃんと審査できるの?っていう。

まぁちょっと規制がかかったとしても、レーディングが原因で発売が伸びたりするよりはいいんですけどねぇ。「まだ審査中(プレイ中)です!」みたいな(笑)

そう考えると映像ってのも仕方ないのかな。

しかしやっぱりCEROに審査依頼する時ってソフトメーカーがお金出すんですね。
そりゃそうか・・・・。ブログパーツ


ブログパーツ


ゲーム/デジモノ/写真に興味がある方は、Feedlyで定期購読頂けると嬉しいです! follow us in feedly



関連タグ : CERO,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。