ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
今更ながら、カウンターを設置しました。

これからより良い記事を書いて参りたいと思いますので、よろしくお願いします(*^-^*)

ブログパーツ
スポンサーサイト






『龍が如く 3』特報のサイトで、『龍が如く 3』のエクストラコンテンツの配信が決定した事が明らかにされました。このサイトによれば、

2009年3月5日より毎週、計8回の追加要素「エクストラコンテンツ」のアップデート配信を予定!特別なミッションやアイテムパックなど、遊びの幅を広げる要素が盛りだくさん!すべて無料で配信!<抜粋>

となっています。計8回で無料は凄いですね。お得感満載(´∀`)

関連記事
『龍が如く 3』体験版レビュー(メイン編)
『龍が如く 3』体験版レビュー(娯楽編)

ブログパーツ



Playstation Game & Media Newsで、プロデューサのAngie Smetsさんが、
「我々は今、DLC(ダウンロードコンテンツ)としてcoopを検討しています」
と発言しています。まだcoopが実装されるとは断言できませんが、可能性はありますね!
また、coop以外にも新マップなどのDLCが予定されているようです。
楽しみですねぇ( ´ ▽ ` )ノ

killzone-2-20070824053740748_640w_convert_20090220111016.jpg
ちゃんと日本でもDLCを配信してくれますよね?

関連記事
『キルゾーン 2』欧州の予約が110万本突破!!




ブログパーツ



『龍が如く 3』体験版レビューの続きです。

この記事では、『龍が如く 3』の体験版で用意されている「娯楽(ミニゲーム)」についてのレビューを書きます。

今回プレイできる娯楽は
・ゲームセンター
・カラオケ
・キャバクラ
です。もしかしたら見落としている施設があるかもしれませんが・・・。

まず「ゲームセンター」
ここではクレーンゲーム、シューティングゲーム、クイズゲームが用意されています。
おそらくアーケードにあるものをほぼそのまま持ってきていると思われます。クイズゲームは全国の人たちと対戦できる、「Answer×Answer」です。もちろん『龍が如く 3』のなかではvsCPUですが( ̄ー ̄)
プレイしてみましたが、常識のない自分ではまったく歯が立ちませんでした( TДT)

次に「カラオケ」
音楽に合わせてうまくボタンを押す事で高得点を狙うゲームです。『Dance Dance Revolution』や『ビートマニア』のように、目標が流れる速さが一定ではないのでちょっとやりずらい。
キャバクラで知り合った女の子とプレイする事も出来、合いの手を入れる桐生さんは恐ろしく可愛い(σ゚∀゚)σ

最後に「キャバクラ」
製品版ではキャバクラが複数あるのか不明ですが、この体験版で入れるキャバクラは「club Ageha」のみです。ここのキャバ嬢は雑誌「小悪魔Ageha」のモデルさんたちです。
ただ・・・・残念な事にあんまり可愛くなかった・・・声が下手だし、変だし・・・
製品版に出てくる子に期待します(´・д・`)
と言いつつ体験版だけで3回も通ったわけですが( ´ー`)フゥー...

なんだかんだ言って体験版に入っていた娯楽だけでも結構楽しめましたね。
大量のミニゲームは『龍が如く』の魅力のひとつ。製品版では他に「キャバつく」「麻雀」などもプレイできるはずですし、楽しみですo(・∀・o)

zenin_convert_20090220104620.jpg
いいなぁ名越さん

関連記事
『龍が如く 3』体験版レビュー(メイン編)



ブログパーツ



文が長くなりそうなので、レビューをメイン編と娯楽編に分けます。

今回の体験版では、ストーリーの一部をプレイする事が出来ました。
戦闘シーンもいくつかあります。

さて、ストーリーの内容についてはまだなんとも言えないので置いておくとして、まずはグラフィック。
『龍が如く 見参!』とおそらくほぼ同等だと思います。ただ、オブジェクトが多いせいかややボケているような感じもします。まぁそれほど問題ありません。町並みは細かいところまでちゃんと作られており、「ドンキホーテ」などは期待通りの再現度です。ごちゃごちゃヽ(´ー`)ノ

戦闘ですが、やや難しくなってきます。敵も「極」を頻繁に使ってきて体力がバリバリそがれます(ただしEASYでは使ってこないようです)。操作体系は変わっていません。当然周りのものを拾って武器とすることも可能です。
気になったのは敵のモーション。刀を使って攻撃するときの動きが『見参!』そっくりで、おそらく使い回しているものと思われます。ばれない程度には変えて欲しかったところ。

あと、「天啓」は発見するのが面倒になりました。前作は特定の地点で○ボタンを押すだけだったのですが、今回は
R3を押して主観モードに→右スティックを操作して特定の地点を見る→○ボタン
という流れになっています。主観モードにしないとどこで天啓を得られるかわからないので、かなりの手間です。また説明しづらいですが、きちんと止まってからR3を押さないと主観モードに入れないのでストレスがたまります。素直に前作のような仕様でよかったのではないかと思いますね。
ただ「天啓」を得たときの演出は一見の価値ありです。笑えます(´∀`)

yakuza-3-screens-20090116002736247_convert_20090218183313.jpg
「ドンキ」のほかにも色々な店があります。

『龍が如く 3』体験版レビュー(娯楽編)につづく。

ブログパーツ