ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
イギリスのゲーム雑誌「THE OFFICIAL XBOX MAGAZINE」のサイトにて、「JRPGが変えなければならない7つのこと」という記事が載ったそうです。
それによれば
_______________________________________________________________________________
1:子供のキャラクターをパーティに加えるのをやめさせるべき

パーティに一人はいる、幼い子供のキャラクター。でも生きるか死ぬかのミッションに、9歳の子供を連れていくのはどうなの?

2:悪人はもっとクールに

90年代以前のような、記憶に残るような悪役がいない。誰だって魅力のないケチな悪役なんかと対立したくはない。

3:装備を変えたら外見も変わるべき

せっかくすばらしい防具を手に入れて装備しても、彼らが着ているのはいつも同じ服。主人公たちが成長している実感がない。

4:もっとまともな声優を

日本語のオリジナル音声に比べて、吹き替え声優がチープ。

5:ムービーシーンであっさり死ぬキャラクター

ほんのちょっと前までは華麗に銃弾をかわし、巨大なモンスターを翻弄していたキャラクターを、ムービーシーンで突然殺すのはやめてほしい。

6:もっとダンジョンにパズル要素を

「ゼルダの伝説」のように、ダンジョンではもっと頭を使わせてほしい。単にザコとのランダムバトルでイライラさせられるだけのダンジョンにはうんざり。

7:ヒーローにも悪の側面を

私たちが見たいのはもっと複雑で、深みのあるストーリー。世界はそうはっきりと白黒に塗り分けられるものではないし、時には世界を破壊するようなヒーローも必要では?
__________________________________________________________________________________

という話です。
僕は2・3・5・6についてはまったく同感ですが、1・7に関しては文化の違いを感じますね。

1.について
どうも洋ゲーのキャラクタは男はガチムチ、女はかわいくない、などと日本人にとって抵抗感を感じる部分があります。どうもリアル志向すぎるかなと。それに対してJRPGはファンタジックなものが多いわけですから、子供は良く合うんですよね。

7.について
どうもここの「悪」っていうのが外人の場合かなり行き過ぎているような気がします。
例えば、『Fallout 3』が先日発売されました。そのうちレビューを書きますが、このゲームは非常に残酷です。特にメインクエストに住民皆殺しを入れているをいれているのには引きましたね。日本人の感覚とはずれすぎています。

リンク
http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0902/03/news054.html

ブログパーツ
スポンサーサイト






Seedスタジオが、PSNにて現在開発中のアクションストラテジーゲーム『Under Siege』が今年の秋に発売される予定であるとアナウンスしています。ストラテジーゲームは好きなので期待しています。スクリーンショットを見ると、Age of Ampireに近いのかな?

ただ、海外のPSNタイトルはローカライズされなかったり、発売が大幅に遅れたりするんですよね・・・。
どうにかして頂きたいものです(´C_` )

PS3 fanboy リンク

ブログパーツ