ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
「フィリップスマラソン2010」第三回です。今回は「SHE3680」(・∀・)

PHILIPS Music colorsシリーズ インイヤーヘッドフォン ブラック SHE3680/10PHILIPS Music colorsシリーズ インイヤーヘッドフォン ブラック SHE3680/10
(2010/05/01)
Philips

商品詳細を見る


Amazonではブラックしか扱っていないようですが、本来はこの機種は3色あります。
黒、ピンク、青。今回僕が頂いたのはピンク。

s-ML_SH3E0045.jpg

これが結構恥ずかしくて僕には外で付ける勇気がありませんでした(笑)
電車の中で少し聞いてみたぐらい。ピンクの色がかなり濃く、目立ちます。

付け心地はなかなか良く、なかなか外れない。小さくて控えめなデザインも○。やたらとしっかり耳にはまって遮音性も悪くないです。

音も1500円という値段を考えると綺麗だと思います。低音もちゃんとでています。全体的にフラットな印象。

そして地味に便利なのがこれ、コードスライダー。
asdfasd.jpg
コードをはさむことでコードの長さの調整をしつつ、絡まるのを防ぐ事ができます。ちょっとはさむ時にコツがいる感じですが。

以上「SHE3680」のレビューでした。
この価格帯のものを探しているのならアリ!だと思います(´∀`)

これまでのフィリップスマラソンレビュー記事
デザインがイイ!「SHE9500」レビュー
低音がすごい!ヘッドホン:「SHL8800」レビュー
イヤホン:「SHH9756」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9700」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9551」レビュー
ヘッドホン:フィリップス「SHL9600」レビュー
ヘッドホン:「SHL9560」レビューブログパーツ

フィリップス50周年キャンペーンサイト
http://www.philips.co.jp/blogmarathonブログパーツ

ブログパーツ



「フィリップスマラソン2010」第二回です。今回は「SHE9500」ヘ(゚∀゚ヘ)

PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9500PHILIPS インイヤーヘッドフォン SHE9500
(2007/01/09)
Philips

商品詳細を見る


最初電車の中で聞いていて、なんかイマイチかな~と思っていたのですが、静かなところで聞いてみたら2000円弱にしてはなかなか綺麗な音をしていました。全然行ける(´∀`)
どうやら遮音性が低いらしいです。まぁ付け心地はいいんですけどね。

これまでレビューしたイヤホンには低音が強いものが多かったのですが、今回も強めな感じがします。高音もクリア。ただ中音域がかなりつぶれて(こもって?)聞こえる時も。これだけはちょっと気になる。

今回の製品で一番気に入ったのはそのデザイン!画像ではわかりにくいですが渋い色をしていてかなりかっこいいです。・・・が、歩きながら聞いていたときに気付いたのですが、どうも背面の穴の部分で空気の渦ができているようで変なノイズが。遮音性の問題もあるし、あんまり外出用向きではないかも。

そういえば絡まないようにケースが付いてくるのですが、これは地味にうれしい。フィリップスっていつも何かしらこういうのついてるよなぁ。
b000melfs02.jpg

最近はいつもヘッドホンを使っていますが、イヤホンはイヤホンでいいですね。何より蒸れない(笑)

これまでのフィリップスマラソンレビュー記事
低音がすごい!ヘッドホン:「SHL8800」レビュー
イヤホン:「SHH9756」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9700」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9551」レビュー
ヘッドホン:フィリップス「SHL9600」レビュー
ヘッドホン:「SHL9560」レビューブログパーツ

フィリップス50周年キャンペーンサイト
http://www.philips.co.jp/blogmarathon

ブログパーツ



以前やっていた「フィリップスマラソン」イヤホン・ヘッドホンレビュー企画。その第2弾、「フィリップスマラソン2010」がまた始まりました(´∀`)!

もう僕の部屋はイヤホン・ヘッドホン・スピーカー・TV・PC・PS3でグッチャグチャ(笑)
今回のヘッドホンを含めて、後5つのヘッドホン・イヤホンが来るわけです・・・オワタ(;´▽`)y-~~

では早速レビュー。今回は「SHL8800」です。



今までレビューしてきたフィリップス製品には低音重視のものが多かったですが、今回のは格別!非常に力強い低音を響かせてくれます。例えば以前紹介した低音重視の「SHL9600」よりも、さらにこっちの方がさらに低音が強い。音そのものも丁寧に感じます。

最近は専ら「SHL9560」を使っていて、コイツは音の鳴っている空間を広く感じる事ができます。一方低音についてはあまり強くありません。そこで今回の「SHL8800」を使ってみたら・・・同じ曲でも印象が全く違う!
音についてはかなりお気に入りです。というわけで、電車の中でつけるヘッドホンをこちらに乗り換えました( ´ ▽ ` )ノ
耳に当たるパッドが非常にやわらかく、付け心地もGood。長時間つけていても痛くなったりはしません。ただ耳をすっぽり覆うタイプではないので、遮音性は低いですね。

またこの製品のもう一つの特徴は、ハウジング部(の外側)が取り外せる事。
s-ML_SH3E0018.jpg

この部分には付属のイラストを入れることも出来ますし、自分で印刷したもの、書いたものなども入れられます。ここに「ウォーホーク」の画像でも入れておいたら、ウホプレイヤーが話しかけてくれるんじゃないかと思案中(笑)

ちなみに今年はフィリップスがヘッドホンを発売して50周年だそうで、キャンペーンを行っています。詳細は↓
http://clingclang.jp/service/philips/

イヤホンがもらえるそうなので、興味のある人はどうぞ。

これまでのフィリップスマラソンレビュー記事
イヤホン:「SHH9756」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9700」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9551」レビュー
ヘッドホン:フィリップス「SHL9600」レビュー
ヘッドホン:「SHL9560」レビューブログパーツ

関連記事
マイク付きリアルサラウンドヘッドホン「X-Tatic Digital」レビュー

ブログパーツ



お待たせしました(?)。マイク付きリアルサラウンドヘッドホン「X-Tactic Digital」のレビューです!!

002_convert_20091112164548.jpg
ドイツのSharkoon社から出ている製品です。日本では販売していないので、輸入品を購入しました。

基本的にこれまで使っていた、Sonyのバーチャルサラウンドヘッドホン「MDR-DS7000」と比較してのレビューとなります。DS-7000はゲームモードを使用。

さてまずはそのサラウンド性能ですが、DS7000よりちょっと正確、という程度。思ったよりこれに関しては感動はなかったですね・・・。というより、DS7000のバーチャルサラウンドが結構優秀なのかも。大体の方向ぐらいはわかってしまいます。ただ、音源が後ろに行くにつれX-Tacticの方が正確になっていくという印象。

X-Tacticを使って一番感動したのはその低音。例えば『Warhawk』をプレイしていた時。突然地響きの様なものが鳴り始めて、
なんだなんだヽ(´д`ヽ)(ノ´д`)ノ
と思ったら戦車が大砲撃ってる音でした・・・。本当はあんなに迫力のある音してたんだね・・・・。

低音のボリュームが大きく、戦争ゲーではかなり雰囲気が出ます。『モダンウォーフェア2』でのホワイトハウス炎上ステージも凄かったですね。そこらじゅうでボッカンボッカン言ってて、怖いぐらいでした。逆に、これでゲームした後にDS-7000に戻して音を聞くとやや気の抜けたような印象を受けてしまいます。

リア、フロント、サブウーファーなどのボリューム、さらにフロントからリアにかけての遅延(よくわかりませんが)などが個別に設定可能で、そこら辺をいじるともっと良くなるかもしれません。僕はあんまり詳しくないのでデフォルトの状態で使っています。

ML_SN3C0084_convert_20100126140333.jpg
アンプとヘッドホンの間にこのような操作部があり、ここでサウンドの音量、マイク音量を調節できます。

ちなみにその操作部にこんなものが付いていたのですが、
ML_SN3C0087_convert_20100126140313.jpg

「Xbox360」とそのコントローラのマーク。こことXboxをつなぐとマイクの音が入るのかな?Xboxは持っていないのでわかりません><

マイクも使ってみたところ、音はちゃんとクリアに出ているようです(フレンドより)。わざわざ手でマイクを持たなくてもいいので非常に楽ですね。マイク部は自由に動かせることができるので、声を入れたくないときは外側に曲げておけます。

このヘッドホンの最大の難点は、長時間つけていると耳が痛くなってくること。耳にあたるパッドの部分が薄いのか、耳の先がスピーカ部にあたっちゃいます。慣れの問題もあるかと思いますが。しかも結構重いです。この点、DS7000は非常に使い心地がいいですね。

結局DS7000からX-Tacticに乗り換えることにしました。そのサラウンド性能よりは音、低音に惹かれて、ですね。ただなぁ、有線だからコードが。ただでさえ汚い部屋がさらにひどく・・・。あと、光デジタルをパススルーできないので、これを使いながらゲーム画面を録画できないのが欠点ですね。録画するときはDS7000使うか( ´∀`)

何か質問があればコメント欄にどうぞ~。


追記:つなぎ方がわからない、という声が寄せられているので、注意点・接続方法などを書いておきます。

まず注意点。
・アンプの電源は入っていますか?
・ボリュームをゼロにしていませんか?
・PS3の音声設定で「光デジタル」を選んでいますか?

接続方法。
1.まず付属のアンプにコンセントをつける。
2.アンプとPS3を光デジタルケーブルでつなぐ。
3.アンプとPS3をUSBでつなぐ。
4.ヘッドホンとアンプをつなぐ。
5. ヘッドホンを電源につなぐ。
順番はバラバラで全然大丈夫ですb

追記2:日本でも正式にリリースが決りました。
マイク付きリアルサラウンドヘッドホン、「X-Tatic」が日本でもリリース


Sharkoon 5.1chヘッドセット X-Tatic Digital X-DIGITAL

注文は↑。僕が買ったときより6000円も安い(笑)

*2014/1/4追記
現在は生産が終了しているようで、後継機(X-tatic Pro)が出てきます。



上でも書いていますが、5.1chと言えばソニーの無線ヘッドホンMDRシリーズもあります。



しかし、無線であるためか低音が弱めのため個人的にはやはりX-tatic押しですね。


ブログパーツ 続きを読む!



フィリップスヘッドホンマラソン第5回です。遂に最終回・・・長かった(笑)
ただでさえPC、TV、PS3、その他配線でゴミ溜めみたいになっている僕の部屋は、ここまでレビューしてきた5つのイヤホン・ヘッドホンのおかげでさらに汚くなりました(;´▽`)y-~~

では「SHL9560」のレビューです。
PHILIPS ヘッドフォン SHL9560/10PHILIPS ヘッドフォン SHL9560/10
(2009/10/30)
Philips

商品詳細を見る


まず何より・・・迫力がすごい!耳をすっぽり覆うタイプのヘッドホンは買ったことなかったので他と比較ができないんですが、ここまで紹介してきたイヤホン・ヘッドホンとは音場の広さが全然違います。すごく音の鳴っている空間が広い。音自体もちょっとシャープさに欠けるかもしれませんがいい感じ。40ミリの大型スピーカードライバーを搭載しているそうです。

また本体は軽く、長い時間音楽を聴いてると存在を忘れてきます。眼鏡みたいな感覚。
さらにヘッドバンド部にはやわらかいウレタンが付いていて、聞かないときは首に掛けられます・・・というのがウリらしいんですが、スピーカー部とヘッドバンド部の間が狭すぎて、僕の首に掛けようとすると絞まります(´・ω・`)
・・・そんなに僕の首は太いですか、そうですか・・・。

以前「SHL9600」のレビューの時に、「ヘッドホンを外でつけるのはちょっと恥ずかしい」とか書きましたが、今ではずーっとこれを使っています。この迫力と使いやすさには、恥ずかしさも勝てませんでした(*´∀`*)
お気に入りです。ただ、外からの音がかなり入ってきちゃうのが難点でしょうか。音を大きくしても全然音漏れはしないのでどうにかなるのですけどね。

以上、これでヘッドホンマラソン終了です。
ゲームブログなのになんでヘッドホンのレビューしてんのよ!
という方、おっしゃる通りです。すいません( ̄ー ̄;)

ただおかげさまでイヤホン・ヘッドホンそれぞれに特徴があるのがよくわかりましたし、これからより楽しんで音関係の製品を選べそうです。ありがたやありがたや。

さて・・・次のヘッドホンレビューはヘッドセット兼リアルサラウンドヘッドホン、「X-Tactic Digital」かな・:*:・( ̄∀ ̄ )。・:*:・

原音力体感キャンペーン

これまでのフィリップスマラソンレビュー記事。
イヤホン:「SHH9756」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9700」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9551」レビュー
ヘッドホン:フィリップス「SHL9600」レビューブログパーツ

ブログパーツ



フィリップスヘッドホンマラソン第4回です。今回は「SHH9756」のレビュー(*´ー`*)
PHILIPS ヘッドフォン SHN9756/00PHILIPS ヘッドフォン SHN9756/00
(2009/11/27)
Philips

商品詳細を見る

この製品の特徴は、何といっても「ジェルスリーブ」。
耳の軟骨にあたる部分にジェルの入った部分が当たるようになっており、耳にフィット!します。

これがですね・・・神の着け心地です。全然耳が痛くならないうえにしっかりと装着されます。いままでカナル型だと耳が痛くなってしまって・・・という方もこれなら大丈夫かもしれません。僕は割と痛くなる方ですが、これだと長時間つけていても大丈夫でした。

さらにもう一つの特徴はiPod、iPhoneとの連動。コードの途中にボタンが付いておりこれで曲の選択ができたり、音楽を聴いている途中で電話に出たりできるらしいです。
が、僕はウォークマンを使っているのでその恩恵にはあずかれませんでした(;´▽`)y-~~
ウォークマン対応のもあればよかったのに・・・。

音はSHE9700に比べると感動が少ないというか、割と普通。むしろちょっとガサガサしているような感じもするかな。

まぁとにかく、個人的にはやっぱり耳が痛くなっちゃう方にお勧めです。お試しあれ。
ダメだったときは今なら返金できますので大丈夫ですよ(´ー`)

フィリップス キャンペーン

関連記事
イヤホン:フィリップス「SHE9700」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9551」レビュー
ヘッドホン:フィリップス「SHL9600」レビュー

ブログパーツ



フィリップス、ヘッドホンマラソン第三回です(´・∀・`)

前二回はイヤホンでしたが、今回は遂にヘッドホン!「SHL9600」です。
31m0QJwUenAA280.jpg

今回もやはり低音がウリで、確かに綺麗。これが”音が締まっている”って言うのか~、と感心。高音が弱い、という話でしたが・・・確かに繊細さは「SHE9700」の方が上かも。ロックぐらいしか聴かないからあんまり実感できませんでした(;´∀`)
マシンガンズ最高!!

カナル型の「SHE9700」と比べると、こちらの方が音のなっている空間がかなり広い感じがします。初めて「SHE9700」を聞いたときにはそれでも十分広いと感じたはずなのですが・・・これがヘッドホンの力か(*゚∀゚)=3

最初装着したときは頭のテッペンの部分がちょっと痛く感じたのですが、聞いているうちに慣れました。ただし、ヘッドバンド部があんまり伸びなくて僕のでかい頭ではギリギリでした。ちょっと凹んだ・・・orz
あとは側圧はかなり強く、痛くなっちゃう人もいるかも。幸い僕は大丈夫でしたが。
ちなみに小型ヘッドホンなので、クッションの間に耳がすっぽり収まるタイプではありません。

一応外でも使ってみましたが、なかなか快適。外からの音があまり聞こえませんでした。ただ、ちょっと恥ずかしいので僕の場合は室内専用で使う事になりそう。

音の具合が(特に音の空間の広さ)かなり気に入ったので、ガンガン使っていく予定。
値段も、Amazonで4700円とかなり安いのでオススメ。

合わなくても今なら返品可能です。
フィリップスヘッドフォン キャンペーン

ですが、このブログを見るような方々の場合は、12月は『モダンウォーフェア2』や『FFXIII』を買うので一杯一杯かもしれませんね。僕も最近忙しいせいであんまりバイトも出来ず、完全に赤字。1月が終わるまではきついなぁ。

PHILIPS ヘッドフォン SHL9600PHILIPS ヘッドフォン SHL9600
(2007/02/01)
Philips

商品詳細を見る


関連記事
イヤホン:フィリップス「SHE9700」レビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9551」レビュー

ブログパーツ



フィリップス ヘッドフォンマラソン 第2回です。
今回は「SHE9551」。
s-41gsG.jpg
前回レビューした「SHE9700」よりも(アマゾンで300円程度安いイヤホンです。

こちらもやはり低音が売り・・・なのですが、確かに低音は響きます。しかし全体的にあんまり音がクリアではないかな、という印象。カナル式なのに、やたらと外の音が聞こえるのも気になります。
これだったらちょっとお金を足して「SHE9700」を買った方が良いと思いますねぇ。

ただ一つだけうれしいのは、”ケーブルワインダー”と呼ばれる、円型のイヤホン収納アイテムが付いている事。イヤホンが絡まないようにくるくる巻いておけるようになっています。しかもベルトなんかにつけられるので便利!

・・・これを「SHE9700」と組み合わせて使う事にしよう・・・なんか申し訳ないですが・・・。

フィリップスヘッドフォン キャンペーン

前回のレビュー
イヤホン:フィリップス「SHE9700」レビュー
ブログパーツ

ブログパーツ



実は”2009フィリップスヘッドフォンマラソン”なるものに参加させていただき、予定では全5回をかけてフィリップスのイヤホン・ヘッドホンを紹介していきます。ゲームとはほとんど関係ないのですが、たまにはいいんじゃぁないでしょうか。

・・・問題は僕が”音”に詳しくない事でして、このキャンペーンに参加したのは、複数のヘッドホンを比べる事によりちょっとぐらい分かるようになろうという自己啓発的な意味もあります。なのであんまり詳しい事をかけないと思いますが、どうかお許しいただきますよう(;´▽`)y-~~

さて、今回は「SHE9700」の紹介です。
PHILIPS イヤフォン SHE9700PHILIPS イヤフォン SHE9700
(2007/02/01)
Philips

商品詳細を見る

売り文句は、
「この価格でこの音質」というコストパフォーマンスの定評がWebの口コミで広がり、アマゾンでは常時売れ筋No.1のヘッドフォン。幅広い音域再生力を持つドライバーと音を耳に伝えるための計算された角度によって正確な音を伝えます。
これを売っているフィリップスと言う会社、僕は知りませんでしたがヨーロッパではトップシェアらしいです。オーディオの世界では有名なのかな?

PSPと最近買ったウォークマン:A840を使って、持っているイヤホン(2000円位の安いやつ、A840付属の物)と聞き比べてみました。

全体的にかなり綺麗に感じたのですが、特に気づいたのは低音の力強さ。これはもう、特に安いやつとは全然違いました。こんなに違う物かとちょっと感動。
あとは音の”抜けのよさ”と言うんでしょうか、音が篭らずに、より空間をもって遠くから広がっているような感じがします。これはA840付属の物と比べてもかなりはっきり分かります。

・・・・なんか結局A840付属のヘッドホンのいい所が「ノイズキャンセリング」しか残ってない・・・。悲しいなぁ( TДT)
アマゾンで3000円のヘッドホンに負けるとは・・・まぁ逆に「SHE9700」のコストパフォーマンスが高いということでしょうか。僕の耳がおかしくなければ(´д`)
これからは電車の中では付属の物、静かな場所では「SHE9700」の方を使おうかな・・・。ちなみに持ち運びようのポーチも付いてきます。

他の方のレビューも見てみたのですが、音質に比べて値段はかなり安く設定されているそうです。もしイヤホンで悩んでいる方がいたら試してみてはいかがでしょうか?例えばPSP用なんかに。

お前の良くわかんない適当なレビューじゃあてにならんわ!という方もいらっしゃると思いますが、現在”全額保障”キャンペーンが行われていますので、気に入らなければ返品できます。
フィリップスヘッドフォン キャンペーン
なのでご安心を(´∀`)
ブログパーツ

ブログパーツ