ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
PS VITA

実際にPS3とPS VITA間のセーブデータ共有を行っている動画が公開されています。

ブログパーツ 続きを読む!
スポンサーサイト






s-82e68d09.jpg

NGPの正式名称は「PS VITA」!とリークしたブログが・・・

ブログパーツ 続きを読む!



s-ngp_cod03_m.jpg


NGP(Next Generation Portable)の正式名称が決定?

ブログパーツ 続きを読む!



s-110527_NGP_20110527052951.jpg

過去にNGPのスペックをリークした海外サイトが、NGPの発売時期や価格についての情報を掲載しているようです。

ブログパーツ 続きを読む!



震災の影響はNGPにも・・・。
SCEAのCEOトレットン氏によると、

次世代PSP(コードネーム:NGP)をアジア、欧州、米国で今年の歳末商戦に間に合うよう投入するのではなく、年内の発売を一つの地域に限る可能性があると述べた。ただ、その地域がどこになるかについては言及を控えた。
ソニー:次世代「PSP」の世界発売延期も、震災の影響で-米幹部

との事で今年の年末商戦に一気に発売する予定は、おじゃんになってしまったようです。震災の影響によりNGPの部品を調達するのが難しくなったのでしょうか・・・。

ご存知の通り、日本は最終製品だけでなく様々なパーツも生産しています。そのため、日本がダメージ受けちゃうと様々な電気製品が影響を受けちゃうわけですな。iPad2なんかも震災の影響で、日本での発売を延期しました。

s-ngp_cod03_m.jpg

今年NGP発売されなかったらガッカリだなぁ。
日本がNGPを発売する「一つの地域」になってくれればいいのですが(笑)
E3ではNGP用ソフトも発表されるでしょうし、NGPの発売が遠いと生殺し状態
(・ω・;)

そういえば、震災の影響で開催が危ぶまれていた東京ゲームショウ(TGS)2011は、ちゃんと開催されるそうです!!ありがたやありがたや。

東京ゲームショウ2011|TOKYO GAME SHOW 2011

相当な電力を消費しそうですが。会場で輪番停電して冷房切れたらどうしよう・・・死人が出るんじゃないか?ちょっと心配。

日程は9月の15~18日。そのうち15,16日がビジネスデイ、17,18日が一般公開日。去年はビジネスデイに行けたけど今年はどうかなぁ。


ブログパーツ



NGP(PSP2)に関してSCEEでプレゼンが行われたらしく、それに参加したとする参加者からそこで得た情報が公開されています。


■NGPは開発者にとって夢であり、長年求められていたことを遂にソニーがやろうとしている。

ソニーはWi-Fiのみを搭載したモデルを“2011年”、Wi-Fiと3G回線両方を搭載したモデルを“2011年ホリデーシーズン”とリストしていたため、3Gバージョンは初日に発売されないかもしれない。

■NGPの発売日や価格に関する情報は一切公開されず。ディテールは近々(Very Soon)明らかにするとのこと。

■NGP版のWipEoutは、PS3版WipEout HDのエンジンがアートプラットフォームにおいて一切変更なく動作している。

■それはフル解像度とフル60fpsを意味しており、PS3上で動いているものと全く同じに見えた。全てのシェーダーエフェクトも使われていた。

ソニーはデベロッパーにPS3とNGPのクロスプラットフォームでゲームをリリースできるように求めている。そのため1回のみサブミッションでPSNとNGP用タイトルを同時に登録できるようになった。

■全てのローンチタイトルはフラッシュ(NGP専用カード)に加えPSNダウンロードでも販売される。

ソニーはNGP版とPS3版のゲームが全く同じ内容になることを望んでおらず、NGP専用の要素によって二つのバージョンの間に双方向性を与えたいと考えている。

■ソースいわく背面タッチパッドは素晴らしく、ゲーム画面にそのまま影響を与えられるかのような自然な操作が行える。

■SCEEが明かしたプラットフォームの5年先のビジョンは、最初の1年で“コアゲーマー”に集中し、2年目で“コアゲーマーとティーンエージャー”、その後さらに若い世代や年上の世代に拡張していく。

■NGPの開発キットは本当にシンプルで使いやすい。Windows Explorerで直接開いてネットワーク上の全てのシステムを確認することができる。

■PS3の開発キットがセットアップに3時間を要したのに対し、NGPはおそらく20分以内で完了できる。
(PS3とのクロスプラットフォーム開発も計画…NGP最新ディテール - Game*Spark)

s-NGP.jpg


ちょっと待て、Wi-Fi判が3G版に先行する可能性があるだと・・・?
そうなると、発売日にWi-Fi判、後日改めて3G版を買わなきゃいけないことに(´・ω・`)

アホか!どうせNGPもPSP見たいに少しずつ改良されていくんだろうから、同じバージョン二つ買っても仕方ないだろう!なんてゲーマー泣かせなんだ・・・。

まぁそれはとりあえず置いておいて。
ソニー側からもPS3とNGPのクロスプラットフォームでのリリースを求められており、かつそれがやりやすいとなると、NGPローンチ時はPS3ソフトの移植作もたくさん現れそうですな。

うーん期待が広がる!
『Warhawk』とか『MAG』とかそこら辺が来ると超喜ぶんですけどね!僕は。


そういえば最近『Starhawk』について噂すらでないんですが、ちゃんと開発は進んでいるのかなぁ。実はNGPのローンチタイトルでした!ハッハー!とかないのかな。


ブログパーツ



この記事では『NGP(Next Generation Portable)』上でのサービスについて書いていきます。ハード自体のスペック、ソフトについては↓を参照。

ソニーよりPSP後継機『NGP』発表!持ち運べるPS3と言えるほどのマシン
NGPのソフト情報、なんと『コールオブデューティ』が発表!


さて、NGPでは携帯電話で使われている3G通信を行うことができます。
つまり外出先では「いつでもどこでも」ネットにつなぐことができるという事になり、これまでにない事ができる可能性があります。

常にオンラインであれば,ネットワークを介してリアルタイムに世界の情報をゲームに取り込める。これでゲームの可能性は大きく広がる

その3G通信を利用した仕組みとして今回発表されたのは、「Near」「LiveArea」の二つ。


まずは「Near(ニア)」。
これはGPS、無線LANによって現在の位置を特定し、周辺にいる他のユーザーが今どのようなゲームを楽しんでいるのか、あるいは、ユーザー本人の足跡をNGP上でたどり、同じ場所にいた他のユーザーがどのようなゲームを遊んでいたのかといった情報を入手することができるというもの。

s-036_20110127181954.jpg

どうやらゲームをプレイしていると、今何をプレイしているか?というデータをサーバーに勝手に送るようです。それと位置情報を元にこういったサービスを行っていると。

s-037.jpg

・・・まぁだから何だって気もするんですが。
近くに同じゲームしてる人が居る!!・・・ふーん。っと。


そしてもう一つ、「LiveArea(ライブエリア)」。
これは最新のゲーム情報を得ることができるサービス。さらに同じゲームをプレイしている人の達成状況を見ることができるそう。

s-035.jpg

s-008.jpg


これだけだと3G通信にそこまでのメリットは感じませんが、もしかしたら何かライフスタイルを変えるようなサービスに進化していく・・・のかもしれません。


ところで、NGPではXMB(クロスメディアバー)が廃止され、タッチパネルとの相性がいいインターフェースに変わっています。

s-034.jpg

さて皆さん見つけたでしょうか。この画面には、「Friend」「Trophies」「Message」などの、PSPには無かった項目が!

常にオンライン状態との事で、基本的にPSNにログインした状態になるんでしょうね。フレンドとのコミュニケーションをとるときはPS3を起動しなきゃいけない煩雑さからはこれでおさらば?

そしてトロフィー。まぁ当然付くでしょうね。

さらにメッセージ。メールとは違うんでしょうかねぇ。何らかのコミュニケーション手段なのでしょうが・・・スカイプ的なものかも?


ブログパーツ