ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
7-reasons-no-au-iphone-4s.jpg

やっと来たのか・・・

ブログパーツ 続きを読む!
スポンサーサイト






本日発表された"Sony tablet"の詳細です。

S1/S2共通のスペックとして、
・Android 3.0搭載
・チップセットにNVIDIA製「Tegra 2」採用
・Wi-Fi/WAN(広域データ通信網)対応
が挙げられます。

pic_gallery_s1-s2_01_20110426135827.jpg

さてまずはS1。
一般的なタブレット端末の形態で、画面サイズは9.4型。重さについてもiPadとあまり変わらないようですが、重心が偏っている(偏重)ため、片手でも重く感じることなく持てるそうです。赤外線を搭載し、ブラビアのリモコンとしても使えるとか。

pic_gallery_s1_05_20110426135827.jpg

S2は見てのとおり2画面タイプ。それぞれ5.5型のディスプレイを搭載しており、折りたたむことで携帯するのに便利。さらに、上画面で映像を表示したりメール画面を開いておいて、下の画面で操作・キーボード表示などを行うといった使い方もできるらしい。まさにDSですな。

さらに独自アプリの1つとして、複数のソーシャルサービスを1画面で閲覧できるアプリを搭載しているそうです。Mixi、Facebook、Twitter辺りを一度にチェックできるってことでしょうか。めっちゃ便利そう。

カメラは前後に一つずつ、計二つ搭載。

pic_gallery_s2_03_20110426135826.jpg


ソニーの製品とのことで、「Qriocity(キュリオシティ)」、「PlayStation®Suite(プレイステーション スイート)」に対応。Qriocity(キュリオシティ)は知らない方も多いと思いますが、日本ではBRAVIAで使える、音楽や映像の配信サービス。PS3には対応していないので、正直認知度・魅力共に低いでしょう。

PlayStation®Suite(プレイステーション スイート)はPS以外の端末でPSのゲームができるようにするプラットフォーム。ただPS1のソフトがメインとのことで、クオリティにはあまり期待できません・・・。

電子書籍端末としてはアリかもしれませんね。ソニーは「Reader Store」という電子書籍サービスも行っていますし。

iPadよりも間違いなく優れているのはFlashに対応している所。
Flash見れないと本当に不便ですからねぇ。


ちょっと実際に見てみないとわからないところですが、これはすごい!といえるほどのものではないかなぁ。もっと斬新な製品を期待していたと言いますか。

オリジナリティとしては、やはりそのデザイン、詳細は不明ですがアプリ、そしてOSのアンドロイド3.0というぐらいになりそうですからね。

気になる価格は未だ不明で、発売日は今年の秋。
個人的にはあんまり売れない気が・・・(´・ω・`)


ブログパーツ