ゲームしようぜ!の最新記事(`・ω・´)ゞ
他ブログ様の最新記事
ベゼスダE3

実に楽しみですね、これは。

ブログパーツ 続きを読む!
スポンサーサイト






s-tesv_skyrim_110225.jpg

PS3版『オブリビオン』をやっていると、うらやましかったんですよね。
PC版のMODが。

ブログパーツ 続きを読む!



s-ML_TS3S0022.jpg

ベゼスダさんの、ブロガーカンファレンスに行って来ました!『Hunted:The Demon's Forge(ハンテッド:デモンズフォージ)』と『Rage(レイジ)』を先行体験!

こちらの記事は『Rage』のプレイレポートです。『Hunted』はこちら
やはりXbox版。

ブログパーツ 続きを読む!



ベゼスダソフトワークス

『Fallout3(フォールアウト3)』『オブリビオン』で有名なベゼスダさんの、ブロガーカンファレンスに行って来ました!『Hunted:The Demon's Forge(ハンテッド:デモンズフォージ)』『Rage(レイジ)』を先行体験!

こちらの記事は『Hunted』のプレイレポートです。『Rage』はこちら
ちなみにXbox版。

ブログパーツ 続きを読む!



『TheElderScrollV:Oblivion』(オブリビオン)。
洋RPGの日本に知らしめた作品ですが、その代名詞(!?)とも言える「スタァァァァーーップ!」が、続編『Skyrim』(スカイリム)では聞けなくなってしまいそうです(´・ω・`)

s-tesv_skyrim_110225.jpg

ゼニマックスの高橋氏がインタビューに答えています。
BFG 2011】 ゼニマックス・アジア ゼネラルマネージャー高橋徹氏インタビュ


編: 日本でのセールスの目標を教えてください。

高橋氏 ぜんぜんわからないです(笑)。「Oblivion」はPS3とXbox 360をあわせて16万本くらいです。ベスト版やゲームオブザイヤーを合わせると23万~25万本程度いっています。ですので、20~25万本というのが本編での目標値になります。

編: それだけの数になると、かつて高橋さんが担当していた「GTA(Grand Theft Auto)」シリーズ並みのセールスですね。

高橋氏 そうはいっても「GTA」は30~40万本はいっていますからね。もっとも、「Oblivion」はテキストだけのローカライズでしたが、今回はボイスも含めてフルローカライズしますし、発売日もほとんど変わらずに出しますので、さらに魅力は増していると思います。

編: 「Oblivion」は最終的にグローバルで何本くらい売れたのですか?


高橋氏 最終的な数字は公表していないです。

編: シリーズ累計で1,000万本と言われていますが、今回は「Skyrim」単体で届きそうな勢いがありますよね。


高橋氏 はい。「Skyrim」は色々な販売バリエーションも含めて、グローバルで1,000万本というのが1つの目標です。

編: まだ発売日が発表されていない「Rage」と「Skyrim」の日本での発売日はいつ頃を考えていますか?


高橋氏 「Skyrim」は海外が11月11日です。日本でも2011年中と言っちゃったので、どのみち1カ月間くらいしか猶予がありませんよね。「Rage」は海外が9月なので、日本では9月末か10月頭ということになります。それぞれ1カ月以内でのフルローカライズでの発売が目標です。

今回はボイスもローカライズが行われるそうです。
僕は英語ボイス+字幕ってのが好きなんですけどね・・・ちょっとは英語の勉強になりそうですし(笑)

ユー、ダァァァァイィ!
って罵られるのもいいじゃないですか(゚∀゚)

まぁなんだかんだでボイスまでローカライズした方が、待ち行く人々の会話も理解できるし、世界に入り込むにはいいと思うんですけどね。一長一短。

今回の売り上げ目標はワールドワイドで1000万本。もの凄い数字ですねぇ・・・。
『CoD4』は1400万本、『CoD:BO』は2200万本との事でそこまでは及びませんが、超大作ソフトのレベルですな。これだけ売れることを見込んでいたら、開発費もたくさん用意できるんだろうなぁ。スケールが違う。

また、日本での発売はどうやら今年の12月になりそう。
ちゃんと年内に発売してくれるのはうれしいですが、修論のせいで僕はプレイ出来る気がしません(*´・Д・)

楽しみなのにー・・・。


ブログパーツ



先日は最新作『VANQUISH』をリリースした三上真司氏。

『バイオハザード』『デビルメイクライ』などを開発してきた方ですが、今回その三上氏のスタジオTangoがゼニマックスに買収されました。

Vanquish-PS3-360-No-Difference.jpg

今回買収が発表されたTangoは、『バイオハザード』『デビル メイ クライ』『ファイナルファンタジー』等のシリーズで活躍した日本トップレベルのスタッフが集まっているそう。

一方ゼニマックスは『Fallout』『オブリビオン』のベゼスダ、『バイオショック2』のArkaneスタジオの親会社。

三上氏、ゼニマックスCEOのコメントも発表されています。

【Tango Softworks代表取締役社長 三上真司氏のコメント】
「開発スタジオを信頼し、ヒット作を生み出す為に必要な様々なサポートを惜しまないと言うスタンスのパブリッシャーとの出会いを新鮮に感じる。ゼニマックスの非常にクォリティの高いシリーズ作品が全てを物語ると思う。ゼニマックスの一員となり、一緒にベストなゲームをつくっていける事を誇りに思う」

【ZeniMax Media CEO Robert Altman氏のコメント】
「三上氏が携わった過去の作品の多くは世界中のユーザーや批評家から絶賛され、氏は世界的にもトップ・クリエーターとして評価されている。我々は革新的でゲームと言う分野をリードする彼のビジョンを共有し、今後は三上氏並びにタンゴのスタッフとの協力関係に期待を寄せる」
( ゲーム情報!ゲームのはなし)

こりゃーどんなものが出来るか楽しみですね!
ただ形になるのはずっと先の話かなぁ。

また「日本すげぇ!」って言わせるようなものを生み出して欲しいですな(´∀`)





ブログパーツ